もし、こんなピッチャーの投げ技があったら。

高校野球を見て、東海大四高校の西嶋選手の超スローカーブを見て、こんなピッチャーの投げ技がある事を初めて知りました。
西嶋選手の必殺技・超スローカーブの事で批判する者もいるみたいですが、単純にまっすぐ投げるよりも、色々な技を出した方が面白味があるというものですね。超スローカーブという技の事を知ったという事で、もしピッチャーのこんな投げ技があったら、という事を考えてみました。

投げる時はまっすぐですが、バッターの直前で急にボールの動きが乱れてしまう。投げている途中で、ボールが10個ぐらいに分身してしまう。←これじゃあ、バッターが混乱してしまう。バッターの直前で、ボールが急に卓球ボールの大きさに小さくなってしまう。しかし、キャッチャーのグローブに入る時は、元の大きさのボールに戻っている。

っていう具合に考えてみましたが、どうでしょうか。もっと他に、こんな技があったらどんな技か、知りたいものです。