市販の酵素ドリンクについて

酵素ドリンクは、様々なメーカーから多くの種類のものが販売されています。
無添加のもの、原材料が多いもの、美容成分の入っているもの、酵素の種類が多いものなど、様々あると思います。色々あるので、購入するときどの酵素ドリンクを買えば良いのか悩む人も多いのではないかと思います。

一般に、市販の酵素ドリンクは食品衛生法上、熱処理をしなければならない事になっています。酵素は、一定の温度になると効果が薄くなってしまうという特徴を持っているので、市販されている酵素ドリンクは酵素の力が弱いものがあると考えておいた方がいいと思います。また、添加物や着色料、保存料や甘味料などが入っている場合もあります。

一方で、市販されている酵素ドリンクには良い面もあります。まずは使われている材料が多いということです。酵素ドリンクは自分でも手作りする事が可能ですが、自分で作る場合は1種類の材料で作る場合が多いようです。市販のものの場合は少なくとも10種類程度の材料を使い、なおかつ自分では手に入りにくい材料を使っていたりするので、そこは魅力なのではないかと思います。

また、酵素ドリンクは手作りをするととても手間がかかりますが、市販のものは工場で衛生的にも工程的にもしっかりと監視されて作られているので、製品的には問題のない仕上がりになっているのではないかと思います。
ただ、市販の酵素ドリンクはやや高めの価格になっています。特に無添加や非加熱処理のドリンクになるとさらに高くなってしまうので、ずっと続けたいという人にとっては出費がかさむのではないかと思います。
市販の酵素ドリンクにも良い面と悪い面があると思うので、もし買う事を考えている人は酵素ドリンクのランキングをチェックして、様々なことを考慮した上で、自分に合った酵素ドリンクを買う事をおすすめします。