脱毛の施術前後にアルコールを摂取することによる影響

サロンなどで、脱毛の施術の前後にアルコールを摂取をしてはいけないと説明されますが、脱毛難波のサロンで脱毛施術前に飲酒することで、お酒のアルコールによっては血行が良くなってしまうことで、施術時に痛みが増大してしまうことがあります。

飲酒することで、施術時に痛みが増大するのは血流が促進されて、肌が火照ってしまうことで、肌にレーザーが当たると普段以上に熱がこもることがあるので、痛みが増す可能性があります。施術前に飲酒をすることで酔ってしまうと、施術を受けている時に気持ち悪くなる可能性があり、施術をするための部屋は個室で狭いため、酒酔いをしているとアルコールの臭いが個室に充満してしまうため、マナー的にも良くないと言われています。

脱毛の施術直後に飲酒をするのも良くないとされていて、アルコールがマイナスに作用することで、施術跡の落ち着きに影響が出てしまい、施術により数日ほど赤みが残っても徐々に引いていくのが、施術直後に飲酒をしてしまうことで、赤みが治まるまで長引いてしまい、元に戻るのに時間がかかることがあります。

また、施術によっては一時的に肌が敏感になっていることがあるので、痒みがでやすくなることがありますが、痒みがでた箇所を掻いてしまうと肌を痛めてしまうだけでなく、跡が残りやすくなる可能性があります。飲酒することで体温が上がることで、肌はいつも以上に乾燥してしまうため、乾燥により脱毛効果が低下してしまうケースもあるので、施術前後は飲酒は避けたほうがいいと言われています。