花火大会に行きました

夏の風物詩、毎年恒例の花火大会に行ってきました。

打ち上げ場所の真向かいの特等席で、すっごいよく見えました。やっぱり近くで見ると迫力が違います。音もすごく響くし、臨場感があるというか。私はスターマインも好きだけど、古典的な菊とかしだれ柳みたいなやつも好きです。

最近は時間差でグラデーションみたいに消える花火とかあって、形や色が途中で変わったりしてすごいですね!
Continue reading »

髪の手入れのNGなやりかたについて、挙げてみました。

こういうヘアケアのやり方をしていると、髪の毛がパサついてしまいます。

そのNGなヘアケアのやり方とは、ブラッシングをせずに髪を洗う、シャンプーをする前は髪を濡らすだけ、シャンプーをする時に頭皮に爪を立てて洗う、髪の根元からトリートメントを使う、トリートメントをつけた後は、念入りに流さずサッとすすぐだけという、NGなやり方です。
Continue reading »

疲れて眠ってしまいました。

さっき、何だかやたらと疲れが出て、リビングの座布団に横になったところ、そのまま寝入ってしまい、1時間ぐらいそんな所で寝てしまいました。

目がさめてあわてていろいろ家事をやり、プロ野球の試合結果を確認すると、ヤクルトが無事にDeNAに勝っていたので嬉しかったです。

今日はライアン小川が投げていたので、ライアンに勝ちがついて本当に良かったです。
Continue reading »

たまに飲むのも美味しい

夏の季節なら水出しの麦茶や薬草茶などを作るので、コーヒーを飲む回数というのが減っています。

暑いならアイスコーヒーとすればですが濃いめなのがちょこっと苦手、ホットで普通の分量のほろ苦なら好みに丁度いいもの。

夏の気温が鎮まって涼しい日だけのホットコーヒーの味、気持ちを満たしてくれるかのようなカフェイン。
Continue reading »

この夏のドラマは・・・

今年の夏のドラマは、見たい番組が多いという人と、そうでもない人に二分されているのでは?と思います。

残念ながら私の好きなドラマはあまりないです。
私は、怖いのやハラハラものが苦手なのですが、なぜか今期はドロドロした不倫ものだったり、事件が起きるものだったり・・・と、みんな怖そうなので、見ることができません。

あえて言えば、松重豊さん主演の「孤独のグルメseason4」を欠かさず見ているくらいですかね。
Continue reading »

今季初蚊に刺された!

昨日の夜、ちょっとコンビニに行った時に蚊に刺されたんだと思います。
一箇所だけなのに、痒くてたまりません。

今季初蚊に刺されました。
今年は蚊が少ないと報道されていましたが、かつては夏といえば蚊に刺される、しかも私は必ず一回は化膿して痛い目に合っていました。
Continue reading »

能年玲奈ちゃんのバラエティ出演が面白すぎる

映画の宣伝があるためだと思いますが、能年玲奈さんをテレビ(特にバラエティ)で見る機会が増えましたね!

私は能年さんが大好きなので、うれしくて仕方ありません。
あのキラキラした目はいつも健在ですね。

そして、トレードマークの(?)沈黙・・・!
私自身、能年さんほどではないかもしれないけれど、あまり口達者ではないので共感するし、心の中で応援しています。
Continue reading »

流行の氷水かぶりを一歩進めて

ALSという病気に対する認知と寄付を目的とした、氷水かぶりが流行しています。

ALSは、体のすべてに筋肉が少しずつ自由がきかなくなって、最終的には呼吸もできなくなってしまうという恐ろしい病気です。

原因や治療法が確立されていないので、寄付金でより早くそういったことが解明されるようにと始まったのが氷水かぶりですが、賛否両論が出始めました。
Continue reading »

200円未満で丼ものに

サラダ用の野菜を消化したのでお買いものに、ついでにではあるけれど帰ってから用にお惣菜もと思いよりました。

食品コーナーの一角にお肉と数種類のサラダとメンチなどの揚げ物がショーケースのなかに、豚肉を200gで計ってもらっている間に他の商品もながめて。

串焼きの焼き鳥も何種類かあり値段は一本100円未満、これなら3本くらい買って行けば簡単な丼ものがさっとできるな。と。
Continue reading »

気分転換のためにすること

平凡な変わりばえのしない日常生活の中での気分転換はどのようにしてえられるのでしょう。
ちょっとした、自分の心の変化が影響することもありますね。
考え方とか、アクセサリーとか、洋服や靴でもいいですね。

爪もアクセントをつけると、気分転換になりますよ。
ネイルサロンなどに行くのもいいですし、自分で変化をつけるのもいいですね。
Continue reading »